私のハーブガーデン

2018年まだ寒い3月、
私管轄のハーブガーデンを作るためにレイズドベッド作り

日菜子が入れている「土」これは、なかなかない無肥料の土です

もともと、主人が、放射線ナシ、化学物質、薬をまいていない、動物性がはいってない(ウンチや骨など)、国産の山の落ち葉だけを発酵させた腐葉土を探していたら出会った会社

落ち葉って、国産ではないのが多いので、輸送時の薬とかが危ないのです、また、自分の手元に着くまでに、いろいろな人手うや会社を経由すればするほど、「見えない」ことが増えるので怖いです

「植物性の堆肥」を中心にして十数種類の培養土に必要な材料を組み合わせてこだわって作っています「無肥料状態」の植物性の土です。
つまり「有機栽培」「無農薬栽培」を目指す人達の「基本的な用土」です

無農薬 や自然栽培の農業家の方々は、自分で自然の山の落ち葉を集めてきて発酵させたり、植物性の肥料を作ったりしていますが、プロではない&初心者の私たちはこの土を使うことを決めました

「無農薬」で育ててるわ、といっても、ホームセンターなどで売っている肥料や土には化学肥料や海外の薬漬けの腐葉土などなど口に入れたくないものがたくさん入っているので要注意です

こちらは主人が、探し続けてやっと見つけた貴重な会社の一つです

がっつり畑はもちろん、気軽に家庭菜園をするかたにもかなりオススメな土です

花の土屋さんカネア

レイズドベットの木枠は、ホームセンターで買ってきたものを主人が日曜大工し、娘が柿渋を塗ってくれました

レイズドベットは全部で3台、
間にはひのきのウッドチップを敷き詰めました

種は無消毒や放射線を浴びてないものをネットで購入!←かなり大事♡

紫蘇は豊作!
紫蘇の下にはワイルドストロベリー、青紫蘇の裏には赤紫蘇がありましたが、梅干し作りで全て使いました

生命力が強いナスタチュームは、わさび菜みたいな美味しさ
サラダや飾り付けはもちろん、
白味噌、干しいたけ、醤油と煮て、吉野本葛でとじて、あんかけを作っても美味しいです

うちの子たちは、ハーブガーデンを通ったり、遊びながら、プチッと取ってつまんでます