我が家の布オシメ・おむつなし育児事情ナウ

↑(生後9ヶ月のとき、おじさんみたいで♡)

第一子のときから布オシメ愛好家です♡

自然育児友の会のママさんから得た情報で

アメリカ製のファジバンズ布おむつカバーを愛用してます
他のもいくつか試したけど、これは防水加減や使いやすさが私にとって一番でした

カラフルたちーーー♡
青と緑系が好きなのわかります?w

中に敷くインサーツはオーガニックコットン100%のもの
第一子、第二子、ともに愛用の「輪オムツ」です

第一子のときには成形インサーツ(オーガニックヘンプ+オーガニックコットンで作られたもの)も使ってました
こちらの成形インサーツは、今はしまったままで、第二子には一回も使用してないです

 

 

☆おでかけのとき☆

オムツバッグに入れます
外側ファスナーには緊急時予備としてエコ&オーガニックの紙おむつ(下記詳細有)を2枚入れてます

内側にはおむつカバーとインサーツ、
メッシュファスナーにはガーゼ、トイレットペーパー、シュッシュを入れます
(写真は入ってませんがw)

汚れたオムツやティッシュでお尻を拭いたのとかを入れる防水仕様のポーチ

 

☆ほぼ毎日の山へ行くとき
(終始オシメをはかせないので最低限)

インサーツとおしめカバーを2セット(必要だったときの為)、
汚物入れるよう用の防水仕様のポーチ

別の防水ポーチにいれた
無漂白無香料の再生紙トイレットペーパー
汚物入れ用のビニール(予備)
お尻拭く用ガーゼ
シュッシュ(大豆の絞りカスから作られた洗剤サンダーレッドを水で溶かしてます)

 

☆家では☆

キッチン仕事や寝室掃除、目を離すときなどは布オシメはかせますが

基本スッポンポン丸出しです

「排泄」サインをコミュニケーションとしてるおむつなし育児ですが、1歳を過ぎたあたりから、私はよく(かなり)見逃しますw

完全フリーダム状態の第二子、

うんちもおしっこもオマル以外にし放題w
BLOG:「第二子のトイレ事情

だからリビングにこれ(写真)↓があります

一番左は洗濯済みの綺麗な布オシメのインサーツとカバー

床にしちゃったオシッコを雑巾で拭き、右下のシュッシュ(中身はサンダーレッド酸素系漂白剤を水で薄めたもの)で違う雑巾で1,2度拭いてから雑巾を黒いバケツに入れます

右上のは予備で置いてあるガーゼ、ほぼ使わず、第二子を直接流し場まで抱っこし洗ってます

雑巾たち(いつもありがとうヨ!)

黒いバケツはなんかのタイミングで洗濯場のホーローバケツところへ持っていって、中身だけホーローへ入れて浸け置きます
ホーローバケツの中はサンダーレッド酸素系漂白剤と水です

夜、ホーローバケツの中身、液体ごと洗濯機に入れてまわします

リビング以外でも、黒バケツと雑巾何枚かとシュッシュを持って走り回ってます
順序としては子どもが先、間に合えばオマルに乗せますが事後のときは足回りに付いてたら拭き、うまく抱っこして洗い場へダッシュ、その後片付け、という流れです

家にいる時は走り回ってることもw

布オシメを使う理由は

・経皮毒を避ける

・環境問題(ゴミ問題/使い捨て問題など)対策

・ものを大切に代々受け継ぐ良さ

・五感で感じるため感性を育てる

・オシメが濡れる前と後の「変化」を知り、良い刺激になりシナプスも走る

・おしっこを知る、または自分の「したい」と行動が一致し「自分」に向き合える事ができる

・オーガニックコットンの布ナプキンを使用してた私は、今までにない安心感とあったかさと心地よさを感じられたのが忘れられなくて子どもにもと思ったので、それはどんなに身体に配慮されたエコの紙ナプキンでも得られなかった(海外物などいろいろ試した)

があります

 

第一子の時は日中も夜中もずーっと布でした、
旅行も小旅行は布オシメ沢山持ってったり

第二子からは夜と旅行だけ紙オシメにしてます

海外のエコ&オーガニック紙オシメをネットで一番安いのを選んで買ってます

時々の小旅行は、
ボロボロになった衣類、下着、タオルをハサミで切って、使い捨てインサーツ(中に敷く)として使い捨て布オシメにしたりしてます
これは、おむつカバーを洗濯できる環境(コンドミニアム)が必須になるので機会が限られちゃいます。。。

布オシメがオススメなのは勿論のことですが、
やっぱり「おむつなし育児」には何かある!と夫婦で感じてます

「オマタの開放感」はくだらなくない、
大きな開放感の元生きていることです

ただのスースーだけではなく、何も付けないことでしか感じられないものがたくさんあると思ってます、

信じられない程の感性や五感が育ち、
下腹部の保温力=体力がつ、
褐色細胞、神経系、シナプスを有意義に使える
開放感が至福感に繋がり存分に幸せを感じ人怖じせず、
他人に優しい人間に導かれると信じています

うちは丸一日外出だらけや見守りの元の放置だらけなので皆様が行われてる「おむつなし育児(排泄コミュニケーション)」とは少し違うかもですが、「ハダカ育児」に重きを置いてます

布オシメを活用することも「おむつなし育児」の一環です
色々なやり方がありますのでご興味有る方はググって検索されて、自己流やできる範囲のことに是非チャレンジされてみて下さい
確かに大変なことはありますが、これも慣れです
面白さも有ります

BLOG:「第二子のトイレ事情」へ続く