高いところで何を思うか2

高いところで何を思うのか1

2018.07.30

私たちは年中、近くの山に登ってます。

山の頂上付近まで来ると、見晴らしの良いところから見える眼下の景色はとても壮大です。

広がる景色を見ると、あー高いところまで来たなー、という思いがおき、下界の喧騒から離れた落ち着いた気持ちを感じることができます。

子供達もじーっとその景色を見つめます。

時間によって、天候によって、そして季節によって、様々な変化のある景色、1日たりとも同じ日はないんだなぁとしみじみと思います。

同じ日のわずかな時間の変化の中でも、風景は秒刻みに刻々と変化しています。連動する時間と共に変化し、そして、それは360°連続して変化します。町側も山側も。

季節の変化による、差異は非常にわかりやすく、山の色はもとより、空の色や土の色合いも変化します。

もちろん、同時に移りこんでくる、虫や鳥たちも変わります。

景色と同時に聞こえてくる音も大切な景色の一部ですし、皮膚に伝わる気温の変化や花粉や樹木の香りも共に伝わる大事な感覚です。

加えて、その時の見る者の気持ちの変化でさえ、配色の違いや音の聞こえ方の違いなどを引き起こすはずです。

いったい同じ場所から、いくつのバリエーションの絵画が映し出されるのでしょう。何千、何万どころではないはずです。

多くの人々は、有名な画家の描いた風景画や、有名な雑誌の写真を家に揃え、子供に英才教育として見せます。しかし、それで得られる情報は、切り取ったほんの一瞬の風景。そして視覚だけ。変化のないその景色に果たして、気持ちを乗せることができるのでしょうか?

そして、スタンプラリーのように様々な場所の風景を楽しむことが、今の時代の流行り事ですが、実は同じ場所の変化をしっかり噛みしめることが繊細かつ、多様なな差位を、感じ取る事ができるようになる要因の一つだとも感じました。

同じ場所に足しげく通う事で得られる、この景色の差異が、気持ちとともに、膨大な地球の情報として子供の脳に刻まれていきます。

季節の変化や、生き物の種類、土地の地理は当たり前ですが、それとは別に物事の多面性を理解したり、感情の変化を体感したり、時間の流れを肌で感じたり、そしてまだまだ我々が理解できないような膨大な情報が送り込まれていくはずです。

だから、子供だけでなく、私もいつもとても新鮮な気持ちで、同じ場所からの景色をみるのです。自然の偉大さを感じながら。

(前略)
ヴェド期の家族はこれに似たことを子どもたちに行っていたの。必ずしもこの目的のために鷲を呼び寄せたわけではなかった。

高い山が家の近くにある場合は、山の頂上の高いところから赤ん坊に大地を見せていた。

(中略)その瞬間、グラデーションのようにわずかな差異を持つ様々な気持ちを体験する赤ん坊に、膨大な量の叡智が勢いよく入ってきていた。

だから、彼が大きくなったときに、彼が望み必要性が生じれば、気持ちを通してこの叡智を彼の中に開くことができるの。

アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ 6巻より

高いところで何を思うのか1

2018.07.30
「アナスタシア ロシアの響きわたる杉シリーズ」より抜粋

ロシアで100万部、全世界で1100万部を突破し、19の言語に翻訳されている。多くの読者のライフスタイルを変えた世界的ベストセラー! 実在するシベリアの森の美女、アナスタシアの一番効率の良い楽しい生き方の教え。実業家のメグレさんが書いています。

アナスタシアは宗教家ではありませんし、これは宗教ではありません。これはノンフクションです。決してスピリチュアルやファンタジーではありません。真実であり、一番合理的、本当の科学、深い哲学、持続可能な方法です。

wikipediaなどでは宗教という言葉が使われていますが違います。しっかり読んだ人だけが理解できます。アナスタシア自身が世の中の宗教の存在を否定しています。その理由がとても興味深い内容になっています。

そして、生きていて疑問に感じる事、思っていたことを解決できる内容が書いてあります。

我が家は、彼女の教えをできることから、着々と実行しています。

1巻 アナスタシア: 響きわたるシベリア杉 シリーズ1

2巻 響きわたるシベリア杉: 響きわたるシベリア杉 シリーズ2 響き渡るシベリア杉

3巻 愛の空間: 響きわたるシベリア杉 シリーズ3 響き渡るシベリア杉

4巻 共同の創造 (アナスタシア―ロシアの響きわたる杉シリーズ)

5巻 私たちは何者なのか (アナスタシア―ロシアの響きわたる杉シリーズ)

6巻 一族の書 (アナスタシア―ロシアの響きわたる杉シリーズ)

7巻 生命のエネルギー (アナスタシア―ロシアの響きわたる杉シリーズ)