乳製品

10323003560

低脂肪乳と排卵障害について

18555人もの人を8年間も間追跡した、比較的信頼がおける研究結果より。

結果としては、低脂肪や無脂肪の乳製品を週に2サービング以上(約500ml以上)食べた女性は、週に1サービング(250ml)以下食べた女性よりも、排卵障害の発生率が85%高く、無調整の全乳の乳製品を多く食べる女性は、そうでない女性に比べて、排卵障害による不妊のリスクが低いという結果でした。

Chavarro JEらは、低脂肪や無脂肪の乳製品の製造過程において、生殖ホルモンの割合が増加することが、原因の1つではないかと推測しています。(除去される脂肪分には生殖ホルモンが少なく、結果的に生殖ホルモンの濃度が濃い牛乳ができあがるため。)

生殖ホルモンの増加による子宮がん、卵巣がん、乳がん、前立腺がんの増加は多くの研究で証明されています。

低脂肪や無脂肪の乳製品は、名前のイメージ的に悪いものを取り去った的な印象を受ける人も少なくないと思いますが、それは脂質のみに焦点を当てた考えであって、ホルモンの面では決して良いものではないようです。

結局、悪い面をのぞこうとして、手を加えてもまた新たに悪い面が出てくるのですね。

2007年 雑誌「Human Reproduction」
ハーバード大学大学院のChavarro JEらが発表した論文より。

 

 

o0800060012983726066

↑豆乳カッテージチーズの南瓜和え

カッテージチーズ
玄米とぎ汁から乳酸菌を作り、
オーガニック濃厚豆乳をに混ぜ発酵させて作ったもの

ソース
豆乳+玄米ミルク+マスタード+白ワインビネガー+塩胡椒+麻の実ナッツ+亜麻仁オイル+バジル

南瓜