ノースリーブと暖房ゼロで乗り切った冬

食事だけきちんとしていても生活全体と体全体を考えてないなー

肺から入る空気が純粋なものでないとなー

季節を感じないと体はおかしくなるなー

冬に温めすぎることは一年の季節の全体食をしていないなー

できることからだけど体を温めるものをゼロにし、エネルギーを使わない生活はかっこいいなー

体って甘やかせば甘やかすほどア○になるなー

故意に温めると体内は自分で温めることをせず能力がドンドン失われる、それって原因にアプローチしてないなー、同時にモノややることが増えシンプルでないなー

冬にカラダを温めすぎると、季節のものでないもの、冷たいもの、体を冷やすもの、甘い物、精製したものなどが食べたくなりおかしくなるなー

そして、アナスタシアが寒さに強いことにも注目してみた、アナスタシア農法など「加えるDO」だけではなく、彼女のように強くなることってとても大切だと思ったから

他人を変えることでなくて、自分を強くすることに集中することをこころがけたいという欲から
(日本のVEGANは、グチばっかり、相手への攻撃、体が弱い、社会と馴染んでいないと思われがちなイメージを覆したい、これは倫理的で一番心身が強くなることだと)

自分の潜在意識を高めること(心身健康なこと)に集中し、動物と地球と菌と人に優しい世に変えたいから
↓潜在意識で作られている世の中

書くとちょっと目標高い感じですがw
これらがノースリーブと暖房ナシで冬を味わいたいと思った理由です
(お風呂上がりに着るパジャマは長袖です)
まずはできることから、螺旋階段のように登っていきたいということでござんす

我が家はペレットストーブ、床暖、パネルヒーター、ストーブ(サンラメラ)などがいろいろな部屋にはびこっております

冬や寒いのが大の苦手な私達夫婦ですが、この冬は全てつけないことに決めました

そして体温を燃やすため、気温によって体温を調節するために、外気の感知機能に優れているのは二の腕と太ももらしく、コレを外気に触れさせて過ごそうと思いました(私は長ズボンで失礼します)

2018年10月中旬
山は日が短くなってきて、雨の日・曇、朝夕、日陰が冷えてきました、気合を入れる練習にもなるこの秋です

2018年11月
タイで買った二人色違いのズボン♪
タカオの短パンがないこと、日菜子の短パンの予備がないことに気づき注文中
美山↓

まだ11月下旬なのに午後2時すぎると結構冷えてきたw
↓午後4時前の家の前
夕方は10度以下が当たり前になって山の近くだけに風も強い(^_^;)

12月1日~15日まで
オーガニックコットン100%で、国産の会社の安い短パンをたくさん買いました\(^o^)/
オーガニックコットンのミュッター、うちの子2人はネル生地ブラウンを使用

家ー登山口ー家まで自力な日も

綿100%のモコモコジャケットが必須になってきました

早朝の山が寒すぎて霜焼けになった私とタカオ
(私はしもやけに悩んだので、この夏に冷えたものを食べすぎたことをとても反省しました(冷え性は暑い時に治すもの))

12月16日~
早朝が寒すぎてギブ!
足袋デビュー(タカオはいい足袋なくて靴)

タカオは股割れパンツ(チンチンとおしりが出ている)

1月

寒すぎの中、日菜子や私のように寒かったら歩き続けたり、しばらく山道を走ったりがまだできないタカオは、全身長袖長ズボンのカバーオールを着せました(中は半ズボンとノースリーブ)

太陽出ているときは上だけジャンパー羽織ったり

太陽出ててる午前10時くらい
冬の山は虫が少なく入りやすいのか(他の季節は数え切れないほどの生命がウヨウヨ♪)、山道から外れて茂みの中ばっかり探検してます、見えないところで探検しているときも、
狩猟者に間違って打たれないか怖いときが沢山あり、大声で歌ってて!といっています

雪来たよー♡

部屋の温度はこんな
家の断熱効果ってすごい

途中から、日菜子の足袋がおニューになりました、(祭り足袋はカカトがずれちゃうので)
黄色は脱ぎやすすぎるみたいで、お山には赤がいいみたいです
私はアマゾンで買いました

1月寒すぎw
手袋は必須!
帽子は子供が嫌がるときもあるのでかぶらないときも
早朝の足元の寒さがレベル高いときはスノーブーツ、雨でぐちゃぐちゃなときは長靴を活用しました
家に帰ってからお風呂で温まったりもしました

雨の日(曇りの日も)は、白いキャンパスをバックにするようで、普段通りすぎてただけの木が光って見えたり、色の発色が違ったり、同じ山も違った魅力で溢れます、神様が創ったものはほんとに美しくて完璧だなー

ときには厳しく、泣いても、泣き叫んでも歩かせるときがあります
どこまでチャレンジさせるかは、一緒にいて一緒に行動することで知れるもの、一緒にいて一緒に行動するものができることだと思います

叱る育児、叱らない育児、どちらかが答えではなく、全て中庸を造ることだと思います
昔の育児は怒鳴りすぎたり暴力を振ったり極陽性もありました
今は過保護すぎたり、子供を自由にと言い訳したり、注意しなさすぎたり、狭い空間や人工的な空間に放置しすぎたりして極陰性
な傾向に感じます(すべての人がというわけではないです)

この中庸を探ったり、反省したりの毎日です

歩きたくないって泣いてたけど、お姉ちゃんが一生懸命フォローしようとしてくれて、弟も頑張ってます

2月に入りましたー
やっぱり一番寒い月!!WWW

朝ごはん、くっついて食べてます

2019年始まってから、家にいると寒いので、朝から夕方まで尾根など山道をずっと歩き続ける生活、
不思議なことにノースリーブでも山道歩いていると全く寒くない♡

昼ごはんは食べない日が多くなり、食べてもおやつ程度だったり
挽きたてを冷凍で送ってくれるところの無農薬そば粉100%とorganicインカインチオイルと白味噌とオーガニックローナッツ(ヘンプやクルミ)のみ

2月の早朝が寒すぎて、am10時過ぎると温かく感じますw
寒い早朝に触れることで、体内に熱が作られるのかもしれません
寒くなったらノースリーブ重ね着してます

待ちに待った3月
2月並みに寒かったりの日もあったりで、
あ、3月ってまだまだなんだーと実感

3月3日
落ちてた木を石で削って色を出すのにハマっているみたい

帰ってきたら、リビングの窓外にサル君がw
斜め後ろにチラッと見られてそのまま座ってるw
こうやってお互い自立したもと、一緒の空間に生きられたらいいなーなんて思ってます

4月
晴れてればわらぞうり復活♪(雨は長靴)
4月なりたては朝の冷え込みがあるときもあります
この山で春を最初に知らせてくれるアセビの花(2月)は少し終盤になりましたが、まだまだ子供の遊び道具、一方で三つ葉ツツジがどんどん花開いて、可愛らしいパッションピンクが増えてきました

多賀生も草履デビュー
子供は後ろにかかとベルト止めゴムつけてます(楽天で買いました)

もちろん私も(毎回履き始めは足つぼみたいでとても痛い、しかも山道だからダブルパンチw、
2回くらいでなれます♪)

4月中旬からは真夏に思える。。。どうしよう。。。

いやー人生初の試みでした
「寒くないの?」と言われますが、「寒いときもあるよ」が答えです、
「寒い」=悪いことではありませんから

食事も腹八分目と言われますが、厚着も7,8分目がいいのではないか、
でも、その7,8分目のレベルは自分次第で変化自由だと思います、
私達夫婦はもっと寒い地でノースリーブでいることが7,8分目になれたらいいなーとも思っています

顔が1年中外に出ていても平気なのと同じで、慣れなのかもしれません
能力を狭めているのは自分なのかもしれませんね

心拍数・体温を環境に応じて自分でコントロールしたり、自立神経の機能を高めることがとても大事だと知りました
長生きしにくいといわれているけど病気に強い高体温でいることがいいのか、悪いことばかりに思える低体温でいることがいいのか
これらどちらかにいることは答えではないことを知りました
夏(暑さ)にも冬(寒さ)にも気温差にも湿気や乾燥にもその時に適応することが大事なんですね

今回とてもためになった本がこちら
ほんと読みやすく、私生活のアドバイスがたくさん書いてあります
彼がスゴイのはお弟子さんたちも彼のようになったこと
自分だけではなく誰でも訓練すればなれるということ