タイ旅行2(プラスチック)

タイ パンガン島を満喫中です
写真はタクシー、こちらではこれが一般的(乗り合い)です

いつも行く大好きなVegan Organic Cafe “Orion Cafe
上の子が0歳のときから行ってます、ここのレストラン周囲にも美味しいVeganレストランやカフェが沢山ありますが、ここが座敷であること(子連れにはいいの♡)、オーガニックレベルが高いこと(ココナッツミルク缶などは使用せず、地産のココナッツをその場で割って、そのココナッツミートとココナッツジュースをミキサーであわせてミルクにするこだわり♡)、ブラウンライスが古代米ブレンドで美味しい・味つけがライトで美味しい(外国は味がとても強いところが多いですが)・砂糖や甘味料を使わないという良さ♡・毎年(ほぼ年に2回)こちらにずーーーと行ってるからスタッフさん方とウルトラ仲がいい とくに子供が♡、などの理由から毎日ここに行ってます、もう大好きー♡

YOGAリトリート施設の併設カフェなので、世界中から沢山の方がいらしゃってます、
1人での方もとても多く、カフェでPC開いて会議してたり(本国の勤め先との会議と思われる)する光景もちらほら

もちろんWiFi-Freeで、ホテルより電波が強く安定しています

子どもたちはお料理が来る前も、来た後も、食後も、所々にあるハンモックなどで自由に動いてます
*赤ちゃんは母乳のみでまだ食べない&飲まないです

お気に入りメニュー

タイ米玄米のフライドライス

大好きな空芯菜炒めにテンペをオプションで付けました

夢中で食べてます

自家製のテンペは、テンペスティックで食べても美味しく、娘は大好き

オレは、スプーンがじがじ

おしゃぶりに人参もらいましたー

この度、わんちゃんに一目惚れしたらしく、見つけると、激しいハイハイで追いかけてました

スタッッフさんが背中に乗せてくれて、めちゃくちゃ嬉しそう、笑顔炸裂してました
わんちゃんごめんねーアリガトーウ、コップンカー!

スタッフさん方には本当にかわいがってもらってます
英語のやりとりだけど、タイ語知りたいなーと思い始めました


↑ココナッツの皮 ガジガジ

↓コチラ、娘がここにくると飲むフレッシュ ココナッツ ジュースについてるココナッツの内皮のプルンプルンをスプーンで救って食べてるところ
ここで取れたココナッツ(この敷地にココナッツの木が沢山あり、実が沢山なっている)を割って中の液体を飲む(ジュース)・内皮を食べるという皆に人気のあるメニューです、普段は果物-Freeの生活をしていますが、この灼熱地での地産地消という考えで、ここでのみ飲みたいといったら飲ませてます

ストローにご注目!なんとバンブー!竹!!

こちらは私が大好きな人参+生姜だけのフレッシュジュース(左)と、自家製 搾りたてアーモンドミルク(右)!
こちらでもストローにご注目!!

洗って何度も使えるんですねー

そして。。。。
これらはプラスチックでないんです!!

ここのカフェ、最近からプラスチックーFREEになったんですって!!

素晴らしーーーーーい!!
持ち帰りも自分で容器を持ってくればOKですが、容器の用意や袋やカトラリーなどは当然付きません

それって飲食店として売上下がっちゃうのでは?
なんておもっちゃうけど、
そんなの気にしないブリリアントなポリシーがあったんです

そう、

深刻に環境問題を考えたから。。。

海・生命を守るため。。。

今海では大変なことが起こってます

2016年1月には29頭のマッコウクジラが北海周辺で座礁し、そのクジラたちの胃の中は
「胃の中が大量のプラスチック、あるいは自動車部品などで満杯になっていた」
クジラたちがそれらのプラスチックなどを、小さな生き物たちと間違えて食べたであろうとされています

今の地球の海がいかにプラスチックのゴミにまみれているかが実感させられます

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州環境長官はこの結果を受け、以下のように述べてます

「これらの知見は、私たちが生み出した過剰なプラスチック型社会の結果を示すものです。海洋生物は、これらの廃プラスチックを消費し、苦しみ、最悪の場合、胃がプラスチックで一杯になった状態で餓死するかもしれないのです」

続いてNPO法人「クジラ・イルカ保護(Whale and Dolphin Conservation)」の代表は次のように述べてます

「プラスチックの中でも、大きなプラスチックの破片などは海洋生物に明確に問題を引き起こします。腸を塞いでしまう他、クジラたちに慢性的な問題を引き起こす可能性を排除することはできないと思われます」

クジラだけでなく、サメ・ウミガメ・鳥類も多くのゴミやプラスチックによる被害を受けています

プラスチックは、太陽光などの熱などでもろく壊れやすいですが、いくら小さくなっても、分解してなくなることはありません
そしてとても小さくなったものをマイクロプラスチックといいます、これは、風化しないでかなりの長年の間、海に浮遊したり、海中に存在しているので、近年の環境汚染の大問題の一つになっています


沖縄・石垣島の海岸の浜の砂には、小さなプラスチック片がたくさんまじっているのが確認できたそうです
https://www.oa.u-tokyo.ac.jp/learnocean/news/0003.html

マイクロプラスチックは表面にダイオキシン類やPCB(難分解性な化学物質)などのいろいろな物質が吸着(付着)しやすい上、それらが溶けだしたり、プラスチック自体も変性することがあったり、結果、様々な有害物質の集合体になります

発がん作用・内臓への疾患・ホルモン異常・生殖異常など、人体への影響もあり、直接自分に被害が来る場合もあれば、子や子孫へとうけつがれてしまう場合もあると思います。(不妊・奇形・子の体調不良…etc…)

普段食事に気を使って和食(お魚中心)のお食事をこころがけてでも、このメインディッシュのお魚のお腹の中にこの有害なマイクロプラスチックが入っていることが多々あります。

また、驚く事実、市販の歯磨き粉・洗顔フォーム・ボディソープなどに研磨の役割としてマイクロプラスチック(マイクロビーズ)が普通に入ってしまってます。
*パッケージの成分表示ではポリエチレン・ポリエチレン末・ポリプロピレンと表示されている。

=====================================================
◇プラスチック・マイクロビーズとは(http://www.mynewsjapan.com/reports/2060
『プラスチック・マイクロビーズ』(以下、「マイクロビーズ」と表記)という言葉をご存じだろうか?これは、スクラブ(肌表面の古くなった角質を除去する)をうたった、『洗顔剤』『歯磨き粉』『ボディソープ』などに使われる『微細なプラスチック粒子』である。マイクロビーズには、古い皮膚や汚れをこすり落とす効果がある。マイクロビーズの大きさは1mm以下で、消費者のバスルームや洗面所から下水処理施設のフィルターを通過して川や湖、海に、毎年何百万トンも流れ込んでいる。

 マイクロビーズは殺虫剤など化学物質がつきやすく、マイクロビーズを食べた魚が体内に有害物質を蓄積する恐れがあり、食物連鎖で環境全体を汚染し、人間にも深刻な影響を与えるリスクがある。

 そのため、米国ではニューヨーク州政府が14年2月、マイクロビーズを使った製品の販売を禁じる法案を提出、カリフォルニア州でも提出済みで、ほか数州でも準備が進んでいる。続きは上記URLをクリック
=====================================================

このようなことから、↑↑↑のタイの大好きなVegan Organic Cafe “Orion”はプラスチック-Freeになったみたいです♡

わたしも、プラスチック問題はなんとなく知っていましたが恥ずかしくも他人事のように感じていました
でも、この旅行中に、ことの重大さを感じました
自分の身の回りをみると、大量のプラスチック製品で溢れていることにも驚愕しました

わーもう無理!なにもできないやーではなくて、小さなことでもできることからやっていこうと決めました

・エコバックを2つ、いつも持っているリュックに入れときました
1つだと、足りないことが多くて、冷蔵(水滴)や香り高い食品などと分けたりなど

・マイボトル常備
常温が好きな我が家族だし、寒い京都も暑いタイや沖縄の離島も持って行くためにステンレスです
(新たなプラ消費は避けたいですし)

・サランラップを使わない
木製や陶器の蓋付き容器、(旅行の時はプラ容器の時もありますが)などを愛用すれば使わなくて住むこと判明です
*普段から電子レンジは使用しなく、土鍋で蒸したりしてます

・新たな買い物や、家にあるものでも、表示をしっかりみて何から出来ているかに興味を示す
これ大事です、もう買ってしまったものでも意識を高めるのにとてもいいです

写真は西表島コンドミニアムにて
愛用マイボトル “クリーンカンティーン”たち

1900mlのビッグサイズ君も仲間入り♪
時々飲みたくなるナチュラルミネラル炭酸水もビンへ変えましたー♪

まだまだな私ですが、この問題を受け止めて、できることから楽しんでやっていこうと思ってます

LOVE THE OCEAN♡

今回大切なキズキをくれたこのカフェに感謝してます♡
もうやるじゃーーーん♡相変わらずナイスなVegan cafeでした♡

空港でのチェックインまち
そろそろ日本食が恋しいみたい♡

サムイ島の空港に有る不思議な実がついてる木
(パンガン島から船でサムイ島、ここから小型飛行機でバンコク、そして大型機で大阪へ)

無事、関西国際空港着

これから家まで運転
眠すぎなお父ちゃんはコーヒーチャージ
この時はマイボトルがないので、出来る限りということでカップ(プラスチック)なしオーダーでした♪