すすり泣く強さ

徳島県旅行です\(^o^)/

ダムを止めた村、旧木頭村へ行きたくて♪

日菜子はこの本大好きらしく、一緒におままごとしたり、一緒に寝たり、、、
就寝前↓「一緒に寝るのー♡」

朝ごはん時、脱ダムの本にも朝ごはんが用意されていて(十割蕎麦にみたてたアクリル毛糸)皆で食べてるらしい、、、

脱ダムから緑の国へ 藤田恵[著]
ゆずの里として知られる徳島県の人口1800人の小さな山村、木頭村。国のダム計画に反対し、「ダムで栄えた村はない」、「ダムに頼らない村づくり」を掲げて、村ぐるみで遂に中止に追い込んだ前・木頭村長の奮闘記。(2004.5)

キャンピングカーでいったのですが、移動時間を子供が寝る時間にするため、
日中滞在は、徳島市→旧木頭村→徳島市な流れです

まずは渦潮ー♪
小さい頃から見たかったので夢叶いました♡
絶えず発生する様子も面白かったです

自然食カフェ ぱんぷきっちんでVEGAN玄米食ランチ
もちろん果物・砂糖・甘味料(甘酒・水飴・味醂・シロップ類等)抜きの特別オーダー
こちらかなり美味しいですよー\(^o^)/
スタッフさんたちもとっても温かいです♡

あすたむらんど徳島という公園はスゴイ!大きくて遊具が充実しているのにタダ♪
遊びに夢中すぎて写真撮り忘れたのでネットよりお借り

↓お互いの顔が見れるようになっている(この1枚はあった)

夕方はぱんぷきっちんのお弁当
あーーー美味しすぎます♡

夜子どもたちが寝たあと、旧木頭村へ到着
凛とした寒さが気持ちよく、夜空がきれいでしたー

翌朝から近くの石立山に登ることに、登山アドバイスをしてくれるHPヤマクエでレベル62、上級、のこの御山は標高1708m
ちなみに京都市にある我らが愛宕山はレベル38、中級、標高924m、日菜子は愛宕山は何回か上り下りしていて余裕になってきたのですが、これより高いお山に登ったことがないのです

愛宕山の約2倍の高さ、大丈夫かなーと思いつつも、現地でいろいろお世話していただいたGさんに相談したら明るく「小さい子供でも大丈夫ですよー♪」とのこと、
ではでは旧木頭村に一番近く、旧木頭村を見渡せるという石立山に登ろうぞと気軽に開始した私達♪

しばらくずっーーと人工林が続きます
そしてずっーーと急斜面w
途中、落ちたらかなり危ないというところがあったりしましたが置いてあるロープのおかげでなんとか進めました

尾根に出たら、尾根道を歩けたらもっと爽快で緩やかだよねー♪なんて思い描きながらがんばります

やっとこさ尾根道!!!
あれ、どこまでも急斜面なんですけど、、、w
しかも岩ごろごろで足場がかなり悪い!!!
足場を考えたり、選んだり、すぐ置き換えないと転げ落ちますw
かなり危ないぞ!という所にはロープが設置してあって、かなり助けられました
(協力隊のRさんありがとうございますm(_ _)m)

ほんとにこういう道を上っていきます
しかもずっとコレw
もはや壁だよね?みたいなところを沢山登ります

景色の良かった尾根道、実際は旧木頭村がみおろせます
岩場の尾根道は細く、左右急斜面なので、落ちたらマズイところです(^_^;)

ネットで石立山に登った方が書いているものとまったく同意見なのでコピペさせていただきます

急登であるので、とりあえず見えているピークは本当のピークではなく、
「あそこまで登ったら山頂が見えるかな」と思って頑張っても、
次に見えてくるピーク(らしきもの)もやはり山頂ではありません。
冒頭の感想、ずっと”登ってる!”はずなのに、登っても登っても、キリがない…です。
そしてスマホのGPS機能で地図を見ると…
時間と感覚で予想はついていましたが、まだ半分^^;
さすが、四国一厳しい山。挑戦のしがいがあります。
四国一厳しい山 石立山 著みねるゔぁ

尾根道をしばらく登ってから、日菜子は全く喋らなくなりました
登るのに集中せざる負えないよう、、、
そしてある時急にすすり泣く声が、、、
日菜子が泣きながら登っているのです、唇を噛み締めて、、、
決して弱音は吐かず

うわ!!!頑張ってるこの子!!!!
なんて声かけてあげたらいいんだろうと少し動揺しましたが、「よいしょー!!」「よいしょー!!」と、登るところに合わせて足を高く上げるときに掛け声したりして共に頑張りました、
主人は多賀生をずっと抱っこしながら登っているから尊敬します

やっとのやっとのやっとこさで頂上に♪
登山していない多賀生はいいとこ取りのように弾ける笑顔

緊張が緩んだのか、ドワッと泣き出す日菜子
よく頑張ったーーー!!!

登りに4時間半かかったので急いで下山
この厳しい御山、暗い人工林も多いし、日暮れだけは避けたいので(^o^;)

できるだけモウダッシュで駆け下りました(下山時間2時間半)

あとでネットで見たら、四国一厳しい山という言葉がいくつかw
日菜子にとっても、私達夫婦にとってもかなりいい経験でした、
もしGさんが止めてたらこんな貴重な経験ができなかったと思います
明るく親切で気さくなGさん(かなりお世話になりましたm(_ _)m)の神な一声でした

限界の限界を超える経験のひとつ♪
ゆったり遊ぶこと、ゆっくり歩くこと、ゆっくり自然を見つめること、も大事
そしてときには早く進むこと、ひたすら進むこと、がんばること、、、
全て大事だと思います

自然育児=ずっと甘やかし育児ではなく
自由を尊重する育児=ずっとほったらかし育児ではないと思います

感情も、食事も、陰陽五行があるように子育ても全体(まるごと)が大事なんだろうな♡

下山後も旧木頭村に移住されたGさんやこちらで育った山に詳しいOさんと沢山お話しし、私達もいろいろな知識が増えました

今回は真冬の修行の山というかんじでしたが(登るのに必死過ぎて全く寒くありませんでしたが)石立山は春の花々、夏の新緑も魅力的らしいです

村のこと
歴史
問題点
山のこと
絶滅寸前の熊のこと
人工林のこと
水源や川の変化のこと
etc,,,

そうそう、尾根道に出る寸前に熊!!??♡
そっくりな生き物に出会いました、25mくらい先に

時期から考えてもカモシカのよう
とーーーっても可愛かったですよー♡

こちらを3分くらいじーーーっと見つめてくれて(長い♡)、
美しく神聖で感動してたので写メ撮り忘れちゃいました

ネットで似たのを見つけました↓この写真の子の毛がもっとフサフサでもっと真っ黒になったバージョンに会いましたよ♪

写真はこちらより借りました

現地に足を運び、その地の方と交流することによって得られる沢山の思いを抱えながら、
再度徳島市にターン

またもや、あすたむらんど徳島で遊びまくり、
ランチとお弁当は、玄米きっちん たんぽぽ
うわ!シンプルなのにめちゃ美味しい!!!深みがあります

夜無事に京都自宅へ着きました♪

いやー徳島県いいですねー
まず、人がいい!!!
優しくて、気さくで、頭の回転が速い方々ばかり
私の大好きな「大阪人」と一緒なかんじでした♡

あ、あと、ご興味ある方はぜひこちらをご覧いただければと思います

私達は子供が寝たあとAmazonプライム ビデオで¥400見ました(便利な時代♪)

映画「ダムネーション」予告編(1分42秒)