西表島 海編

梅雨明けにギリ間に合わなかったのですが、憧れの西表島にGOです♪

出発当日、飛行機の関西空港発が朝7:25なので朝3時半くらいから今日のランチのお弁当準備です。

☆お弁当
毎日食べてる土鍋ご飯(お弁当のおかずの下に入ってる)は発芽させた玄米+古代米3種+タカキビ

セイタンと小松菜と玉ねぎのココナッツミルクと醤油のタイ風炒め
(見た目ベジタリアンぽくないw)

ひじき煮

南瓜味噌

ひよこ豆とドライトマトのワイン蒸し煮

じっくり土鍋煮の玉こんにゃく

☆おやつ
動物性フリー/グルテンフリー/白米などの精製食品フリー/オイルフリーの
玄米と人参まるごと(実も皮も葉も)ミニケーキ
過去Blog:葉つき人参と算数と♪

飛行機内ではおやつを♡
お弁当は石垣島→西表島(約40分間)の船内でいただきました。
元気息子は朝4時からずっと起こしていて、見事飛行機で爆睡♡ふふ作戦通りざます

が、油断禁物、主人が娘と盛んに遊びだした時に起きてしまった息子(^_^;)
寝起きでスッキリされてて元気倍増君は、皆に見守られながらコチラ(足元)で満喫www
飛行時間が残り30分くらいだったのでよかったです。

そんなこんなで西表島へ着きました。
島に着いて最初に思ったのは風が強くて気持ちがいい(時期による?)!
TMレボリューションになった気分(古い?)

空気が綺麗い!
透明感がありさわやすぎる空気は90%ある自然林が影響大なのでしょうね♪
うーん、島全体がイヤシロチ(古代からのいい土地の呼び名「生命力が盛んになる地」)なのを感じる!
もう早くも目に入る壮大なジャングルと川と海に感動しまくり!
スーパーのイオンがない♡ゴルフ場がない♡けがされてない♡

さて、到着してあーだこーだ準備し、日暮れ前に少し遊ぶことに。行ったのは、宿泊所から近い干立ビーチです。泳いでいて驚いたのはなんm進んでも海底になにもない、なさすぎるwおまけに透明度低いw水浴びには適してましたw

翌日、日の出前に向かったのはシュノーケリングが綺麗だと有名な中野海岸。ビーチに到着してビックリしたのは砂浜に打ち上げられた(捨てられた?)たくさんのゴミとヤブ蚊。まったり日の出を見たかったので即移動し星砂ビーチへ。今回はこちらにお世話になることに。

やはり日の出は美しいです。

すぐ明るくなっちゃいます
娘は海で朝ごはんいただきます
我家の定番おにぎりツイスター←縦に食べる海苔巻みたいなものw

先に息子を海にポチャン♪
早朝の水温はまだ冷たいらしくいきなりガン泣き

大丈夫。お母ちゃんたちは君用にウエットスーツを用意してるよ♪

↑海底から撮影

ちなみにまだ顔を海につけられない息子には、この浮き輪をチョイス。一応体が固定されるので、多少安心。

(完全に固定されるわけではないので、しっかり見ていなければならないが。)

朝食を終え、参加してきた長女は元気爆発!
え?海中ダッシュ?

ええ?海中で立ってる?海底人?

もっと泳ぎやすくしてあげたいのですが、彼女のサイズに合うフィンが見つからないのです。でもこれのがいい経験なのかなー♡

日も昇ってきたので干潮前に皆でリーフエッジ(砂浜から300mくらい?)まで泳ぎます

どんどん沖へ行きます。
息子はずっと激しいバタ足!いい練習!
ちょくちょく顔をだして海面の様子を伺い、荒波に気をつけながら慎重に進んでいきます。

海中では可愛いヤツがのほほんと見守ってくれてます
よくいる横向きに泳ぐ子♡

そしてリーフエッジに到着!

 

写真ではとても伝わりにくいと思いますが圧巻の美しさでした!!
やはりリーフエッジまで行かないと満足できません♡

ちなみに砂浜から100mくらいのところはこんなかんじです↓

リフエッジからの帰り、息子はチャプンチャプンの波に揺られてねんね(でも眠りは浅いw)

赤ん坊や、リーフエッジまで行くという儀式を経験してからは、だいぶ海慣れしてきました。
「こんなのヘノヘノカッパだぜーい♪」

娘は海底に落ちていたペットボトルを手に、ゴミ=お魚さんが死んじゃうと認識したようです。

ところで、主人が発見したことがあります。
海で浮き輪に乗せて泣く赤ちゃんの、どちらかの足の裏を主人の心臓にくっつけながら泳ぎ進むと泣き止むのです。私は胸が邪魔したのか心拍が伝わりにくくうまく行きませんでしたが不思議と主人がやると泣き止みます。もちろんダメなときもありますが(空腹だったり、恐怖が多かったりなど)。

今回は梅雨がまだ空けない中で、強風(波)や早朝の低い水温(大人は大丈夫)、リーフエッジまで遠いビーチだった、などがありましたがまだまだこの島の海を発掘していきたい思っています。梅雨が開けてスカッとした日はより透明度ももっと高いと思いますよー♪