西表島 ジャングル編

西表島といったら90%以上が亜熱帯ジャングル♪

沖縄県最大の川である浦内川の上流にある「神の座」ことカンビレーの滝目指してジャングルトレッキングすることに。浦内川詳細

まずは川の上流に有る船着場(ジャングル トレッキング入口)まで船で行きます。
たくさんのマングローブを周りに見ながら壮大なジャングルに圧倒されまくり♪
まさにディズニーランドのジャングルクルーズのリアル版、そりゃ模型の動物はいないが、この素晴らしすぎるリアルを目の前にできるだけで充分です♪*子どもたちはディズニーランドに行ったことない

ジャングル トレッキングの入り口である上流船着場から大人の早足で片道45分らしいですが、道がグチョグチョだったり、段差があったりしますが裸足で歩き続ける娘。
しかも頻繁に木の葉や落ちてるもので遊びだすという。。。
幼児にとったら歩くだけでも大変だろうにダッシュやジャンプや回り道までしてるので「疲れないのかい?」と驚かされます。うーん子供ってつくづくミラクル♪

通常スタートから30分(大人の早足)で着くあいだにあるマリユデュの滝が見える展望台で水休憩。歩きながらしゃべり、遊びまくる大ハッスルの娘を引き連れた我々はでここまで1時間以上かかってるますw

15分ほど休憩して再スタート。

ジャングルってすごいです。トカゲや蝶なども艶やかなものばかり。
わたしたちの住んでいる京都と蟻さんの色や形が違うよーって相変わらず大興奮な娘。
この木なんか、

「どこに実が付いてるのー!www」

私たちはいつもこんなかんじの足元↓ビーサンは滑るからと、主人も裸足になりだしたり。。。野外での裸足生活に慣れてない私はビーサン必須(3シーズンビーサンな私です。だから丈夫なハワイアナスビーサンLOVEなんです)

とうとう娘がぐずりそうになった、そんな瞬間に到着!
見事なカンビレーの滝!!
先頭を歩いていた娘は感動したのか眩しい笑顔炸裂でした♡

ここまで2時間ジャストかかりました(間15分休憩含む)。
娘よお疲れ様ー♪

そしていざ川です。
ふだん海にばかり潜って、川は京都の山の川くらいしか入らない私ですが、もう暑くてすぐにでも飛び込みたい気分、しかしここまでいらした方々は誰一人この川に潜っていないwもちろん我が家族はそんなのお構いなしですが、ジャングルをバックに流れる雄大な滝川、しかも透明度ほぼナシw。。。怖いwなにかいそうで怖いw

なので主人に
「泳いでごらんよー♪」とけしかけまくりましたw

「えーwなにかいたらどうしよーうwww」
と苦笑いしながらも乗る気満々な彼。
「ひなちゃんもおいでよー」
と娘を誘っていますw

私は息子としばらく見守ることにw

痛いことに水中眼鏡を忘れてきた私達夫婦、必須でした。
水中を確かめる視界がないことは余計に怖いです。
主人は娘の幼児用水中メガネ(なぜかこれはあった)を無理くりかけていざゆかん

行ったーwwww

↑写メは2回目かなんかでむすめがかけてますが

ココは滝と滝の間のような水たまりなので、場所により流れが早いので幼児注意、お父ちゃんの背中に乗って遊びます♪
水温はまあまあ低いけど気温が熱いので問題なしです。
立てるゾーンがあったので息子も♪

もちろん私も入りましたが、視界の悪い中、水中メガネで川中を見てみると底に穴みたいなのがところどころに、しかも穴の中がより暗くて黒くて見えない。。。怖かったwww

主人は最初に入って、何回も入るうちに何かがマヒしたのか、後半笑って泳ぎまくってました。
こういうところ尊敬しますw

よく見ると川には小さな魚たちや、エビがいます。主人はこのエビに何回も突つかれてましたw

「ところで今何時~?」
なんてのんきにしてたら大変なことに。
まだ川で遊び中なのに帰りの船の時間になってました←オイオイ
しかも疲れている子供2人かかえてます←オイオイオイ

至急着替えて、主人は娘を抱っこ、私は息子を抱っこしながらここからまさかのトレイルラン!
汗だくでジャングル道をずっと走り続け、なんとか15時半の最終船に間に合いました←しかも余裕に
焦ったけど、意外にランも楽しかったのでトレイルランにうはまる方々の気持ちがわかりました。

マングローブの間を走る帰りの船上で爆睡ちゃん♡

起きてた息子とパチリ

すっかりジャングルに魅了された私たちは次の日ゲータの滝へ。

まず、入り口がわからずマングローブ生い茂る下降の川からスタート♪
ときには腰まで川に浸かりながら、足場はヌルヌルなのでもちろん裸足です、
あまりの泥具合に最初は抵抗を示した娘でしたが、泥や自然に住む様々な生命体の共存がおりなす仕組みがどれほど綺麗か、人間による都会や除菌剤などのおかしさなどを丁寧に説明したら、いきなりやる気満々になり進み始めましたw

昨日のカンビレーの滝へのジャングル同様こちらのジャングルも楽しんでます

カンビレーと違って道がほぼないです、たまに有るのですがけっこうワイルドで、幼児にはかなりきついかも。しかも人もまったくいないし、電波は当然入らない上、私たちは道が全くわからないので川沿いを模索しながら進みます。

川の石渡り(けっこうハード)をしなくてはいけないので←けっこう滑る

45分位たったら娘が限界を感じてガン泣き。
娘を主人がおんぶ+息子を私がおんぶで進み続けましたがもうちょっとで着く?というところで、私が赤ちゃんおんぶしながらのの川の石渡りに限界を感じて(上流の大きい石渡りで滑りまくりヒヤヒヤ)、キリのいいこちらを今回のゴールにしました♡

もうー♡
周りの大自然に癒やされまくりですー♡
まさにジブリのもののけ姫の舞台の中にいるよう

石に滑りながら小滝でヨガ

息子の小滝浴びw

娘は空腹で機嫌が悪く少ししか入ってくれませんでしたw

帰り道は大人だけだったのと←(子供2人はそれぞれにおんぶ)、来た道を戻るだけなので早い早い。

Goal間近です↓

これは次回リベンジですねー♪
ゲータの滝は大人足だと30分くらいで到着できるそうです、初めての方はガイドさんつけられてもいいかもですよー♪

こちらカンビレーの滝へのトレッキングコースとはまた違って、未開なかんじがかなりGOODです♡
自然が自然に作り出した自然は美しすぎて最高の芸術だと思いました。たくさんの命と繋がっている感覚を感じられ、自分自身が空気に溶け込み周りにある生命と一体化している気分になります。
私達夫婦はお気に入りスポットでした♡

ちなみに裸足で歩くと切り傷などから感染症にかかるよーっと言われたことがあります。

我が子は立ち始めたときから裸足育児を取り入れてますのでかなり足裏が丈夫です←いつも驚かされる

また、私たちは主に食生活や、早寝早起きなどを徹底して免疫力を高くしています。

感染症などは菌などが私達の体の排毒(毒といいたくないがここでいう毒:動物性蛋白質や砂糖、甘味料、添加物、農薬 等を症状をだして体外へだす)を手伝ってくれている症状のひとつです。実際、アブに刺されたりムカデに噛まれても腫れが続くことはなく、痛みやかゆみもわずかです。