ドリル問題集が好き TVがない幸せ

書店やAMAZONで売っているドリル、いわゆる問題集

いろいろな種類を買って子供が自分で自由に取れるところに置いています

これら、最初は一緒にやりました、問題文を読んであげて、やり方などを教えて、、、

すると、すごく楽しそうにするので、そのうち自分で勝手にでドンドンやり始めて、、、

3歳の夏の時点で、3歳用が終わり、4歳用が終わり、5歳用が終わり、、、、

歳が進み、問題が難しくなってくると、教えるコチラ(親)が頭を悩ませました

教えるって難しい、、、

なんでわからないかがわからない、、、

鏡と左右混合に考える問題など、もうどう教えていいかチンプンカンプンで、何度も同じことを説明しているうちに、自分の説明の下手さと忍耐力のなさを感じながら、動かない状況が自分に気まずいのか、プッツンしてまい、声を大きくしてまったりすることが時々あったり(T_T)

コレに関して、もちろん夫婦会議し、何度も相談し合いました
主人も
「俺もだよ。。。」
と、教えているときも頻繁にプッツンしてしまうときがあるみたいで、、、、
あたりまえだけど、プッツンしたくないねって夫婦で慰め合ったり、、、
なんでだろーと天井眺めたり、、、
鼻呼吸で頭冷やしたりwww

最初からあくまでも遊びのつもりで与えてたものなので、100%習得しなくてはいけないなんて思っていませんでした。だから、各自(夫婦)、初心に戻り、教え方もテキトーで♪ということで落ち着くのですが、いざ”その時”になると勝手に熱が入っちゃって我を忘れるときがたまにあります。←たまにね(^_^;)

また、謎なのが、こっちが声を荒げてしまっても、長女がやりたがるんです(^_^;)

「やる!」って。。。

なんのスポ根だよ、、、と心の何処かで思うわたし

私達夫婦は時々プッツンしちゃうから、もうドリルやらせたくないね、なんて言ったときもあったのですが、、、好きなものを取り上げるののもどうかと思いました

「お母ちゃん、教えるの上手じゃないでしょ?しかも怖いときあるでしょ?だからやりたくないの」
と、私が言っても、それでもやりたい、教えてくれと言ってきます。
え~~~~、という気持ちになりながら一緒にやるのですが、、、

ある時わかったんです、わたしがイライラしてしまう最大の原因が!

娘に真剣に教えたいときにドリルの紙をぐしゃぐしゃにしようと何度もトライしてくる第二子の赤ちゃん息子のしつこさ、しつこさ、しつこさ!笑

流石に赤ん坊には注意できない←軽くしてるけど、余計喜んでやってくる(T_T)

ああ、可愛いけどしんどい笑

このもどかしい状況なときに、娘の顔をみるとやる気ゼロみたいな変な顔しながら THE不良 みたいな姿勢しだすんですっ、私が一生懸命に何度も繰り返す丁寧なご説明を聞かずにそっぽ向いてエンピツで遊びだしたり、揺れてたり(なんのダンス?)、他にも色々なことをモジモジしてるありさま!

ドリルをやらないのは私にとって全く問題ないので(むしろこの場合は好都合)「他のことしようか?」とサッと切り替えようとすると「いや!まだやる!」の一点張り(^_^;)

↑このブログ文だけでは伝えきれないんです、
実際の状況をお見せしたい

あーこのよくわからない悪循環が私の何かを震わせてしまうんです
また、「怒る自分」がとてつもなく醜くかんじ、罪悪感に浸るし泣けてくるんです
主人も同じ原因みたい笑

ドリル後、娘は切り替え早く、元気に笑ったりしてるし、こっちよりも大人なかんじです、

でもね、これでいいんだなーとある時ふっきれたんです、

昔から自分にある
「人からどう見られるか」
に怯えた完璧主義者の皮を剥いでいきたいと、

私は「良き母」ではないから「良き母」にはまだなれないけど、純粋な思いがあれば、道は開ける

一生懸命子育てしたいと思っている心があれば、必ず自分はもっと成長できるし、それに伴いいろいろなことが解決していくもんだよねーって

オホホ!プラス思考でござんす!?

むしろ、この、自分から出てくる感情に向き合わされるシュチエーションに感謝しなきゃなんですね、私の潜在意識の浄化のために、娘ちゃん息子くんに一役か二役かってもらってるんだなーっと

なんだかんだ、振り返ると笑っちゃうんです(*´ω`*)その時は必死なんですけどねー

自分の精神の弱さを目の当たりバンザイ
この世のカルマの修行みたいなのを感じるのバンザイ

そして、今では好きな時に勝手にドリルをやっている娘

夕方にお風呂上がって、18時半の就寝時間前に一人でモクモクとやっていたり、夕食後にやっていたり、朝やっていたり、ときには数週間まったくやらなかったり、超!自由にやってます

時々ヘルプがいるときは、もちろん補助しますが、主人しか教えられない分野と、私が教える分野にわざと分けたりして、どちらかがいない時は教えてあげられる人がいないので、ずっと一人で考え込んでいる時もあります

アメとムチでいうちょっとしたムチかもしれませんが、それでもわざとほっておくと意外と一人で解決していくことも多くあり、驚かされます

かまったりとかまわなかったりも両方大事なんですねー
どっちかだけなんてない、中庸かしら
そのバランスを掴んでいくのが楽しいですね

そうそう、娘のドリル好きはすごいんです
全ページ終わったドリル(表紙と裏表紙だけ)を公園や散歩に連れて行ったり、バスや電車に乗せて座らせてたり、買い物につれてったり、飲食店や旅行にも、一緒に寝てたり、ご飯をあげてたり(ままごと)、、、本気で大好きみたいで、夫婦で笑ちゃってます

キッチンでも。。。

バス

電車

なかでも娘の得意分野は紙工作シリーズ
自分で切って、糊で貼って、組み立てていくんですが、今では私がわからないものも一人でどんどんやってます。私はこういうのが苦手なので、尊敬しちゃいます

海外旅行先でも(干潮で海入れず)

ホテルの部屋で

*でもでもね、ほんとうの私の本心は、どこぞかの人間が決めた「一つの答えが正解!」というのは無限にあり続ける想像力や、他の特性が失われていく気がしてしょうがないんです、、、

娘がドリルを暇つぶしの遊びでやっているのは止めないけど、
置かないほうがいいのではといつも思っています、自然の中でいろいろなことを五感で感じて遊ぶのにまさるものはないと思います*

うちにはTVがありません、飛行機や車の移動中にはyou tubeからダウンロードした英語の動画を見せたり(TVという楽に入ってくる情報にはまらないよう、理解しにくい英語とか他の言語のを)、ゲームアプリで遊ばせたりしていますが、日常では、プロジェクターで15分位の動画を見せること が3ヶ月に1回あるかないか、それもBBCネイチャーのサメのドキュメンタリーだったり、you tubeのバーバパパのフランス語のアニメだったり、イギリスのpeppa pigという清すぎる英語アニメ(1話完結で1話10分)だったり

だから勉強という意識ではなく、やっぱり遊びとしてドリルが大好きなんだなーっとしみじみ感じさせられます、こちらからの「しなさい」という強制は一切ないし、、、

そんな私の経験から、TVを生活からなくすのはとーーーってもおすすめです

また、TVは見方によっては、自分の本心でない流行などによる物欲や食欲をあおられたり、不安やマイナスイメージ、恐怖、偏見、中傷、差別ばかりをインプットされたりする可能性もあります

私は長女の妊娠5ヶ月目くらいからTV-FREE LIFEを選びました♡